“我、思うほど人思わず” 自分の話など「期待されていない」と開き直れ‼

大勢の人前で話すときは、
誰しも、うまく話したい、ひきつけたい、と思うものなのです。
うまくやろうと思えば思うほど、現実はうまくいかないことが多いのです。
自分の実力以上にうまくやろうと思うのは、いわば爪先で立って話すという状態です。
いつまでも立ってはいられません。
だから人は人、自分は自分、自分の話など「期待されていない」と開き直って、
平素の自分で勝負する、という気持ちでやれば不思議と落ちついてできるものなのです。
よく火事場のバカ力といいますが、開き直りのバカ力を利用すればいいのです。

2021年05月21日 | Posted in 大仲学院長の感じよく話すヒント聞くヒント | | Comments Closed 

関連記事